ページのhtml構造とSEO対策

サイトのhtmlの構造はSEO対策にとって関係があるのか?

これはずばりあります。ひとつずつの要素はたいしたことはありませんが、全てを完璧にホームページの教科書どおりに行うことで検索順位の上昇に結構効いてきます。

タイトルがあり、メタキーワードがあり、ヘッダーがあり、h1タグがあり文章がありフッターがある。この構造をきちんと守ることでGOOGLEのロボットがクロールし易くなりサイトの評価は高まります。いかにそれを考慮してサイトづくりができるのかが課題だとは思いますのでチャレンジしてみてください。

当社でもSEO対策を行う上で、まずはじめはサイトのhtmlの内部構造の見直しから入ります。スタイルシートを駆使して教科書どおりの完璧なhtml構文を書くように心がけています。

しかしながらエラーの出ない完璧なhtml構文を書くことが最も重要なことではありませんので、その点は注意してください。もっと重要なことはありますので惑わされないようにSEO対策の本質を見失わないように心がけてください。

要はいかに有益な情報を第三者に届けることができるのか、ということが真の王道のSEO対策なのです。弊社では自社ですべての内部対策は行っておりますが、SEO対策サービスを申し込まれたお客様で自分で内部のSEO対策をしたいと仰る方にはSEO対策技術者が丁寧にサポートさせていただいております。

外部の被リンク対策におきましても内部対策をしっかり行ってはじめて利いてきますので内部seo対策はおろそかにせずじっ.くり取り組んでください。やって損は絶対にないと思います。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.