SEO対策を行う上で隠しリンクはスパム?

SEO対策では、ページ上にキーワードが表記される数が多ければ、検索上位になりやすい傾向があります。しかしながら、頻度が高すぎるとSEO対策の成果が上がらないことも。

他にもリンクが多ければ、SEO対策の効果が期待できるとされています。こちらも多すぎては思うような成果を得られません。キーワードやリンクは多くしたいが、やりすぎるとSEO対策の効果を妨げるので、いわゆる「隠しテキスト」や「隠しリンク」を設置しているサイトが存在します。タグなどでキーワードまたはリンクを隠す方法です。ページ上には表示されないため、一見有効なSEO対策かと思われます。このような「隠しテキスト」や「隠しリンク」はSEO対策では不正とみなされます。

各種検索エンジンに悪質なサイトと判断された場合は、アクセスがあっても検索順位が上がりません。最も厳しいペナルティとしては「削除」があります。それどころか検索エンジンのインデックスから削除されるのです。検索エンジンで検索しても、結果に一切表示されなくなるという致命的な制裁です。いくらSEO対策をしても挽回できません。「隠しテキスト」や「隠しリンク」はgoogleでは明確に禁止されています。絶対に使用しないでください。

このような隠しリンクをサイトに設置するという手法は昔流行していましたが、今は一切効果がないどころか明確にスパム行為となります。もしサイトにこのような隠しリンクを設置されている方がいらっしゃいましたら速やかに削除してください。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.