SEO対策では中古ドメインに気を付けて

ドメイン名はSEO対策でも有効です。自分のサイトと親和性の高いドメインを取得できれば、それだけでSEO対策が期待できるでしょう。ページに使用するドメインには期限が設けられている場合があります。

更新をしない場合、元の持ち主から別の希望者に譲渡されるのです。まさに自分が探していたドメインが、新たな使用者を探している場合もあるかもしれません。その場合、注意が必要です。特に誰もが欲しがるようなドメイン名の場合、少々怪しんだ方が良いでしょう。以前使用されていたいわゆる「中古ドメイン」はSEO対策で不利になる可能性があります。

例えば、ドメイン自体がスパム扱いされたために手放したケースが考えられます。レンタルサーバーを借りたときに発行されるサブドメインも、元のドメインがスパム判定を受けているかもしれません。スパム判定をされたURLは、いくらSEO対策をしても意味がありません。取得後、積極的にSEO対策をすることで目立ってしまい、インデックスから削除される危険性もあるのです。Web上にはスパム判定を受けているURLかどうかを簡単に調べられるチェッカーもあります。ドメインを取得する前に、必ずチェックしてください。

弊社ではほとんどこの中古ドメインというものは使用しておりません。それほど危険度も高いのです。やはりSEO対策は地道にコツコツが一番でしょう。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.