googleが禁止しているSEO対策

googleでは、検索結果の精度の向上に力を注いでいます。不正なSEO対策には厳しい処罰を下すことがあります。googleが明確に禁止しているSEO対策は下記です。

・隠しリンクや隠しテキストの禁止
タグを用いてテキストを隠したり、一部を隠してリンク化したりする行為です。ユーザーには見えなくても、ページを巡回しているロボットはhtmlやソースをチェックしています。不正行為は見逃しません。完全なスパム行為となります。

・不正なリダイレクトの禁止
リダイレクトとは、とあるURLに訪問したユーザーを別のURLに飛ばすプログラムです。別URLへ移転した場合のリダイレクトは問題ありません。

・コンテンツに関係ないワードの設定を禁止
SEO対策でアクセス数を稼ぎたいからといって、本来のコンテンツ内容と異なるキーワードを設定する行為です。

・重複しているコンテンツの掲載を禁止
同じような内容のページを複数公開し、SEO対策をする行為も禁じられています。これはミラーページと言う今ではスパム行為となります。グーグルの検索エンジンは重複を嫌いますので注意が必要です。

以上のようなスパム行為は実は意図せず行ってしまっている方も多いのが現状です。SEO対策における基本中の基本ですので以上の事柄には十分注意してください。

以上の他にも検索エンジンの誘導を狙ったページは不正なSEO対策とみなされるケースが多々あります。googleが不正とみなすと、検索順位が下がったり、最悪の場合は検索エンジンからの削除も考えられます。googleの「ウェブマスターツール」に禁止事項は明記されているので、チェックしておきましょう。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.