SEO対策において陥りがちな罠

ページを作るにあたり、便利なものはSEO対策の邪魔になることが多いので注意しましょう。

java scriptは特にその代表です。
マウスをもって行くと色が変わったり、アイコンが表示されたりとページを華やかにしてくれる非常に便利な記述です。

java scriptの記述は非常に長いのが特徴です。
簡単な「マウスをオンしたら色が変わる」という簡単な表示であっても、数十行に渡る記述が必要になります。

一定の期間で各種検索エンジンがページをクロールしにやってきます。
その際に、キーワードを含まない多くの記述のページはSEO対策として期待ができなくなるのです。

クロール時にはソースやhtmlしかチェックしませんから、「不要な情報が多いページ」と誤解される危険性があります。
SEO対策の意味がなくなる危険性があります。

SEO対策の効果を発揮しながらも、java scriptを使用したい場合は、外部ファイル化させることで解消が期待できます。
java script自体は別のファイルに起き、使用したい画面で呼び出す方法です。
そうすれば、SEO対策の妨げになりません。

java scriptやFLASHをどうしても使用したいときには、この方法を試してください。

またこの方法を実行することによりページの読み込み速度も向上させることができます。弊社の管理するサイトにおきましても全てこの方法を実行しております。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.