SEO対策においてのエラーページの取扱い

「404エラー」「403エラー」というエラーを聞いたことがある方も多いはずです。

「404エラー」とはページが見つからない場合を指します。
既に削除されたページなどが該当するでしょう。

「403エラー」とはそのページを訪問しようとしたユーザーにアクセス権がない状態を指します。
管理ページにアクセスしようとした場合に表示されるでしょう。

エラーページですから、SEO対策には関係ないとおもわれがちです。
しかしながら、このエラーページは管理者でカスタムすることが可能なのです。

TOPに戻るリンクをつけるだけで、SEO対策としては効果が期待できます。
さらにおすすめのリンクを追記すれば、エラーページのSEO対策としては万全です。

エラーページをどこでユーザーが閲覧するかという疑問が残るかもしれません。
PCでの検索に慣れているユーザーは、自分でURLを予測して入力する場合があります。
その際にSEO対策が発揮されます。
URLに含まれる数値を若くすれば前のページにアクセスできるのではと考え、入力するユーザーも存在するのです。

ユーザーに予測されたページが存在しない場合や制限されている場合、当然エラーページが表示されます。

エラーページは、PC中級者に有効なSEO対策と言えるかもしれません。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.