適切ではないSEO対策を発見する方法

外部の業者にSEO対策を依頼した場合、時折ガイドラインに違反したSEO対策を施されてしまう可能性があります。

自分でSEO対策をしているわけではないので、何が起こっているのか判断するのは難しいでしょう。
検索順位が下がったり、いつの間にかスパム認定されていたりする危険性があります。

自分のサイトが不当なSEO対策をされていないかチェックするには、ウェブマスターツールに登録することをおすすめします。

ウェブマスターツールはgoogleが運営する管理者用ツールです。
被リンクの数、検索キーワードが閲覧できる非常に便利なものです。
ディスクリプションの重複状況など、普通に運営しているだけでは知り得ない情報も提供してくれます。
登録は完全無料という、管理者には頼もしいツールなのです。

ウェブマスターツールにサイトを登録すると、不正なSEO対策をされた際には警告が届く仕組みになっています。
警告だけでなく、なぜ警告が送られたかの理由まで明記してくれるのです。
速やかに指摘箇所を修正すれば、検索結果には影響が出ません。

登録しておくことも大切ですが、それ以上に信頼できるSEO対策をしてくれるプロにお任せすることが大切です。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.