SEO対策におけるメタタグについて

SEO対策ではタグの効果も期待できます。
その中でもmetaタグは代表的なタグです。

近年、SEO対策でのmetaタグはほとんど効果のないものが多くなっています。
SEO対策が期待できるmetaタグの要素は下記です。

・文字コード指定が<head>の直下に記述されているもの
同じコードであっても、別の場所に配置されていても意味はありません。

・DescriptionとKeywordsがタイトルの直下に記述されているもの
こちらもSEO対策の効果を上げるためには直下です。

・キーワードは最大3つ程度
多くのキーワードを設定しても、検索エンジンに反映されない場合があります。
SEO対策の効果を知りたいキーワードがあるのであれば、サブページで試してみましょう。
効果があったものをTOPに持ってくるなど、工夫が必要です。

・Descriptionにキーワードを含めたページ内容を要約
SEO対策ではかなり重要なことです。
ここを見てユーザーがアクセスするかしないかを決める要素の一つです。
キーワードやサブキーワードを含めて考案しましょう。
最大3行に収めるようにしてください。

先述したとおり、SEO対策はmetaタグの効果は薄くなっています。
だからといって効果がゼロではありませんから、重要箇所はしっかり抑えておきましょう。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.