被リンクに関連して

SEO対策で重要なのはリンクです。
リンクには「発リンク」「被リンク」「相互リンク」などの種類がありますが、検索エンジンがSEO対策で重要視しているのは「被リンク」です。
「被リンク」とは他のサイトで一方的にURLを紹介されているものです。

「被リンク」が数多く集まれば、信頼できる優良サイトとして検索エンジンに評価されます。
SEO対策の効果が発揮され、ページランクも上がり、検索順位が自然と上がっていくでしょう。

一方、「被リンク」をされることによりサイトの順位が下がる可能性も秘めています。

誰かがページを紹介したいときに入力するURLは、伝えたい情報があるページのURLであるはずです。
美味しいレシピを紹介したいのに、レシピサイトのTOPページをリンクさせる人は考えづらいもの。

「被リンク」がTOPページに集中している場合、検索エンジンに怪しまれる可能性があります。
TOPページに適切なSEO対策が施されている場合や、有益な情報が掲載されていれば問題はないとされていますが、基準は不明確です。

この事態を避けるためには、各ページにアクセスを分散させる必要があります。
有効なSEO対策として、SNS系のボタンを設置すると良いでしょう。
SNSで拡散され、アクセスが分散されることが期待できます。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.