SEO対策でのキーワードの散りばめ方

できるだけ多くの人をページに集客したいと考えても、キーワードを乱用するのはSEO対策としてはよくありません。

乱用されたキーワードのSEO対策効果でページを訪れたユーザーは、自分が求めていたページとあまりにも異なる内容に、「騙された」と判断するでしょう。
ユーザーは非常にシビアですから、二度とそのページを訪れない可能性が高いです。

検索エンジンでも、キーワードの乱用は不正行為と見なされます。
検索順位が下がったり、ページランクが下がったりと良いSEO対策にはなりません。
各種検索エンジンのクロールにより、スパムURLだと判断されれば、二度と上位には表示されないでしょう。
最悪のケース、検索エンジンのインデックスから削除される可能性すらあるのです。

検索エンジンで上位に入りたいからといって、過剰なキーワードでSEO対策をしても意味がないのです。
それどころかページの存続に関わる不正だと判断されるかもしれません。

適切なキーワードでSEO対策をするのは当然です。
ページを更新していけば、関連するキーワードは自然と頻出するもの。

ページの運営・更新と訪問ユーザーへの有益な情報提供を心掛けていけば、基本的なSEO対策が出来て行くと言っても過言ではありません。

キーワードの詰め込み過ぎはNGですが、以上に記載した事柄を認識しながらサイト作成に力を入れるとSEO的にもプラスに働きますよ。キーワードを意識しすぎることがないよう注意しましょう。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.