ウエブマスターツールによる被リンクの否認方法

seo対策を行う上で外部リンクは非常に重要です。質の高いサイトからリンクを流し込んでもらうのは検索順位の上昇に大きく役に立ちます。しかしながらその逆もあります。質の低い、例えばコンテンツが一切ないリンク集等や1ページから特定のサイトのみに大量にリンクを流し込んでいるサイトからリンクを貼られてしまった場合はseo的にマイナスになります。ウエブマスターツール等で質の低いリンクを発見した場合は速やかにリンクの否認を行ってください。自演リンク以外の外部リンクは自分では制御できないのでそうした時にはリンクの否認が役に立ちます。

方法としてはグーグルのウエブマスターツールから現在貼られている外部リンクのリストをダウンロードします。外部リンクリストのダウンロード方法はダッシュボードから検索トラフィック→サイトへのリンクの順にクリックします。そしてリンク数の最も多いリンク元の詳細をクリックします。その後、その他のサンプル リンクをダウンロードするをクリックします。最新のリンクをダウンロードするをクリックすると日付も確認できます。リストをダウンロード後無視するリンクのリストをアップロードして完了です。ファイルはテキストファイルのみ有効です。

処理の完了までには数週間かかることもありますので注意してください。
詳細は下記のページより確認してください。

グーグルのウエブマスターツールのヘルプページ↓リンクの否認
https://support.google.com/webmasters/answer/2648487?hl=ja

たまに検索順位を下げようとする悪質な業者による悪意のある被リンクを貼り付けられることがありますので注意してください。そういう外部リンクを常にチェックするという意味でもウェブマスターツールの導入は欠かせません。SEO対策を行う上で必須のツールといえるでしょう。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.