seo対策において画像のalt属性は適切に設定してください

ホームページは視認性を向上させるため等の目的から画像を多く使用するのは良いことだと思います。

画像をポイントで使用することで見た目も華やかになります。しかしグーグルの検索エンジンは画像が一体何を意味しているのかまでは読み取ることができません。

そこで検索エンジンに画像が何を意味しているのかを読み取らせるためにalt属性なるものが存在します。このalt属性を適切に設定してやることで検索エンジンは画像が何を意味しているのかを読み取ることができます。

一昔前はこのalt属性にターゲットキーワードを山ほど詰め込んで上位表示させるスパム行為が横行していましたが現在ではそのような手法は通用しません。そのような手段を使うとスパムと判断され瞬く間に圏外に飛ばされてしまいます。そうなるとそれに費やした全ての労力が無駄になり、また検索順位のリカバリーも大変になります。

このalt属性はseo対策上自然な形で画像の説明文を入れ込むとプラスになりますので丁寧にホームページに使用しているすべての画像に説明文を記述していきましょう。これはホームページに使用している全ての画像に設定してやってもseo対策上プラスに働き問題はありません。しかしながら不自然な形ではなく自然にキーワードを埋め込んでいってください。

ではホームページを全て画像で作成しても問題とならないかというとこれはseo対策の観点から言えばかなり問題です。重たくなちますし、テキストで構成した方がSEO対策のみの観点においては当然有利に働きます。(サイトのコンバージョン率に関して言えば画像はあった方が良いです。)ホームページに使用する画像はバランスを見ながら適切に配置するようにしてください。

また画像にかかわらず自分でサイトをチェックして不自然な箇所があれば速やかに修正するべきです。グーグルの検索ロボットは年々優秀になっていますので、今やほぼ人間の目と同じぐらいのレベルに到達していると言っても過言ではありません。

Copyright© 2013 seoをHPに対策するなら(有)ユニーク All Rights Reserved.